スタッフ紹介

このページをプリント

齊藤 慶輔 Keisuke Saito【代表・獣医師】


日本獣医畜産大学 野生動物学教室卒業。幼少時代をフランスの田園地帯で過ごし、野生動物と人間の共存を肌で感じた生活を送る。94年より環境省釧路湿原野生生物保護センターで野生動物専門の獣医師として活動を開始。2005年に同センターを拠点とする猛禽類医学研究所を設立、 その代表を務める。絶滅の危機に瀕した猛禽類の保護活動の一環として、傷病鳥の治療と野生復帰に努めるのに加え、保全医学の立場から調査研究を行う。近年、傷病・死亡原因を徹底的に究明し、その予防のための生息環境の改善を「環境治療」と命名し、活動の主軸としている。テレビ番組プロフェッショナル仕事の流儀、ソロモン流、ニュースゼロ、SWITCHインタビュー達人達などで活動が取り上げられ反響を呼んだ。著書「野生動物のお医者さん(講談社)」で第57回産経児童出版文化賞を受賞。

【役職】
環境省 シマフクロウ保護増殖分科会検討委員
環境省 オオワシ・オジロワシ保護増殖分科会検討委員
環境省 希少野生動植物種保存推進員
世界野生動物獣医師協会(WAWV)理事
野生動物救護研究会 副会長
日本野生動物医学会 評議員・野生動物保全福祉委員
北海道ラプターリサーチ 代表
ワシ類鉛中毒ネットワーク 副代表
(財)クリステル・ヴィ・アンサンブル アドバイザー

【著書・訳書】
野生動物救護ハンドブック(共著) 1996 文永堂出版
Raptor Biomedicine Ⅲ(共著) 2001 Zoological Education Network
生態学からみた野生生物の保護と法律2003(財)日本自然保護協会編 講談社
野生動物の医学(共訳)2007文永同出版
日本の希少鳥類を守る 2009 京都大学学術出版会
猛禽類学(共訳)2009 文永堂出版
野生動物のお医者さん 2009 講談社
The eagle watchers (共著) 2010 Cornell University Press
オホーツクの生態系とその保全(共著)2013 北海道大学出版会
野生の猛禽を診る 2014 北海度新聞社
など

渡邊 有希子 Yukiko Watanabe【副代表・獣医師】

帯広畜産大学(家畜解剖学講座)卒業、獣医師。
 在学時にゼニガタアザラシ研究グループに所属しアザラシの研究に携わる一方、釧路湿原野生生物保護センターに出入りし、調査研究協力員として希少猛禽類の調査に従事する。
 人間活動に起因した受難に苦しむ野生動物を目の当たりにし、何かできないかと試行錯誤しながら今に至る。
 環境省希少野生動植物種保存推進員、環境省釧路自然環境事務所調査研究員、北海道ラプターリサーチ事務局長。

 

小笠原 浩平 Kohei Ogasawara【獣医師】

北海道大学獣医学部 (微生物学教室) 卒業
 高校の時に行ったマレーシアでオラウータンの保護活動に参加し、森と動物、人の共存に興味を持つ。獣医学的視点から野生動物問題に向き合いたく獣医学部に進学。大学在学時に留学したタイでどんなことにも挑戦する姿勢に刺激を受け、生まれ育った北海道の地で野生動物医学のさらなる可能性を追求したく当研究所に入社。臨床分野だけでなく、基礎研究や環境教育に新しい風を吹かせたい。

堤 百合香 Yurika Tsutsumi【研究員】

東京環境工科専門学校(自然環境保全学科)卒業
 温暖化などの環境問題による人間と野生動物の軋轢に興味を持ち、専門学校へ入学。
在学中に自然環境の基本的な知識をはじめ、野外活動や野生動物の調査法、傷病鳥のリハビリ、野生復帰の知識などを学ぶ。人と野生動物の共生を志し、当研究所に入社。
ワシ達が安心して野生復帰できるような生息環境整備や環境教育などの普及啓発にも力を入れていきたい。

吉田 恵人 Keito Yoshida【研究員】

東京環境工科専門学校(自然環境保全学科)卒業
 世界自然遺産に登録された知床(羅臼町)出身。
幼少の頃から野生動物に触れる機会が多くあった。より深く野生動物保護管理について学びたいと思い、専門学校に進学。
野生動物保護管理や野生動物の調査手法、傷病鳥獣のリハビリから野生復帰までに関する知識を習得する。
生まれ育った北海道で、絶滅の危機に瀕している野生動物を危機的状況から救いたいと考え、当研究所に入社。
生息地環境の改善など希少種に関する問題解決や、普及啓発活動に尽力していきたい。

田中 瑛理香 Erika Tanaka【研究員】

福岡ECO動物海洋専門学校 卒業
 幼少より野生動物の快活な姿に心惹かれ過ごす。環境問題が及ぼす野生動物の生息地域の減少に関心を持ち、人と動物との関わり方を学ぶために専門学校に進学。
在学時は様々な動物関連施設へインターンで足を運び、あらゆる視点から動物や自然との共存方法について考える。在学時に得た知識を活かしたく、当研究所に入社。
共存のための環境改善は勿論のこと、収容された傷病個体管理に力を入れたい。それによって、より多くの傷病個体の野生復帰を目指す。

PAGE TOP↑